沖縄の渡嘉敷島でのダイビングの魅力

投稿者:

沖縄県の慶良間諸島は、日本国内だけでなく海外のダイバーからも高い評価を得ているエリアです。そんな慶良間諸島には、20近くの大小の島が連なっています。その中でも最も大きい島が渡嘉敷島です。渡嘉敷島は、海水浴のビーチで有名で美しい海が広がっています。

半島の那覇から最も近い島となっておりアクセスも便利なメリットがあります。那覇から35分程度でアクセス出来る位置にあるため時間を掛けずに到着出来ます。

そんな、渡嘉敷島の周りの海はサンゴ礁で有名なエリアとなっています。海底に潜ると海の透明度は透き通ったように青く十数メートル先まで視界が広がっています。

美しい熱帯魚やあまり遭遇する事が出来ないウミガメを見る事が出来るチャンスも高いです。渡嘉敷島の周辺は、コーラルに囲まれている事もあり魚の種類が非常に豊富な特徴があります。日本国内の他の海ではなかなか見る事が出来ない種類の魚なども間近で見る事が可能です。

また、地形も様々でクレパスが多く並んでいる場所や海底砂漠のような地形まで存在しており潜水して様々な地形を見る事が出来ます。渡嘉敷島には、潜水スポットが非常に多くあるのも魅力の一つとなっています。ポイントを変えて潜る事で違った海底生物や地形に出会う事が出来る魅力もあります。

渡嘉敷島のビーチは、カラマブルーと白い砂浜が特徴的でとても美しい自然環境となっています。ダイバーの方だけでなく海水浴を楽しむ方や観光に訪れる方も多く魅力たっぷりです。海中は、美しい魚群やサンゴ礁など自然が豊かで他の海では味わう事の出来ない美しい海を見渡す事が出来ます。

現在、マリンスポーツとしてスキューバは人気を集めています。初めてマリンスポーツをする方をはじめ上級者の方まで楽しめるスポットとなっています。渡嘉敷島を囲んでいる海の透明度は、日本国内でも随一の美しさで世界中のダイバーから注目と人気を集めている海となっています。ダイビングスポットとしては最高のエリアです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です